月経困難症の治療法
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

月経困難症の治療法

生理痛 頭痛生活に困難なほどひどい生理痛は「月経困難症」に分類されますが、この中でも「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」に分かれており、それぞれで治療法が異なってきます。

器質性月経困難症では、子宮の病気が原因で生理痛などがおこっています。
この場合、まずその原因となる病気の治療を行います。病気が改善、治癒することで、月経困難症の症状も軽減されていきます。

機能性月経困難症の場合、症状を和らげるために鎮痛剤を服用する薬物療法となります。
機能性月経困難症の人は、「プロスタグランジン」という物質が体内で過剰に分泌されることで生理痛が引き起こされます。そのため、分泌を抑えるための薬も処方されます。
この「プロスタグランジン」という物質は、生理の少し前から分泌がはじまっていくので、生理予定日の1、2日前から薬を服用します。

生理痛の症状がひどく重い場合、ピルで症状を改善することもありますが、喫煙や高血圧などによって服用が認められない人もいますので、医者と率直に話し合いましょう。服用の許可が出た人も、服用にあたっては医師の指導にきちんと従いましょう。

不規則な生活やストレスによるホルモンバランスの乱れが、生理痛を悪化させていることもあります。そんな状態で、生理痛から疲労やストレスがさらに溜まって症状が悪化するという、悪循環に入りこんでしまうこともあります。

生理痛を改善させるためには、そうした生活習慣を見直すことも大事になります。就寝時間や生活リズム、食生活などに注意を払い、体や気持ちにストレスをかけない生活を送るようにしましょう。

生理の間は、できるだけ体をリラックスさせるようこころがけ、睡眠時間をきちんと取って、疲労やストレスを溜めないようにするのが大事です。

月経困難症の治療法 関連エントリー