婦人科の診察と治療は効果的
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

婦人科の診察と治療は効果的

生理痛 頭痛婦人科に行くことにためらいを感じる人も少なくないでしょう。
ですが、生理痛の症状が重い人は、婦人科で診察と治療を受けることで、原因を把握したりつらい症状を緩和することができます。
特に、初めて婦人科に行く人は、どんな診察をするのかわからず不安になるかもしれません。

まず婦人科に行くと、診察前の問診があり、大体の場合は問診表に記入して受付などに渡します。症状を軽く書いたりせず、正直に、ありのまま記入することが大切です。
問診表では、今の健康状態や症状などを聞かれます。また、過去に発症した病気などについても記入を求められます。
月経困難症の問診でポイントとなるのは、初潮の年齢や月経の周期、月経の状態、妊娠や出産経験の有無、性交の経験や、飲んでいる薬があるかなどについてです。詳しく記入することが、正しい診断の助けになります。

検査には「尿検査」や「血液検査」、「エコー検査」「MRI検査」などがあります。
尿検査では、尿の成分を検査することで排卵の有無や、ホルモンバランスなどがわかります。検査の時に尿が出ないなどと言うことがないように、家でトイレに行かずに診察に出向くのがいいでしょう。基礎体温を家で計測しているなら、それも持参しましょう。

血液検査では、血液の成分を調べ、貧血かどうかなどの健康状態やホルモンバランスを確認します。子宮などに腫瘍がないかどうか、血液検査でわかることもあります。

エコー検査は、超音波を出す機器で、子宮や卵巣を検査し、異常があるかどうか確認します。
エコー検査によって器質性月経困難症の疑いがある場合、MRI検査を行います。
MRI検査ではMRIという磁気を出す機器を使い、体の内部の断面図を見ることができます。同じように断面図を見るCT検査が行われることもあります。

また、医師が子宮口やを膣の状態を確認する「内診」があります。直に体を診る内診は、とても大切な検査ですが、婦人科を初めて受診する人は抵抗を感じるかもしれません。
痛みはほとんどなく、時間も短いものなので、緊張せずに気を楽にして受診しましょう。

婦人科の診察と治療は効果的 関連エントリー