生理痛の治療法と年代
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

生理痛の治療法と年代内の記事一覧

婦人科の診察と治療は効果的
婦人科に行くことにためらいを感じる人も少なくないでしょう。ですが、生理痛の症状が重い人は、婦人科で診察と治療を受けることで、原因を把握したりつらい症状を緩和することができます。特に、初めて婦人科に行く人は、どんな診察をするのかわからず不安になるかもしれません。まず婦人科に行くと、診察前の問診があり、大体の場合は問診表に記入して受付などに渡します。症状を軽く書いたりせず、正直に、ありのまま記入するこ...

≫続きを見る

月経困難症の治療法
生活に困難なほどひどい生理痛は「月経困難症」に分類されますが、この中でも「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」に分かれており、それぞれで治療法が異なってきます。器質性月経困難症では、子宮の病気が原因で生理痛などがおこっています。この場合、まずその原因となる病気の治療を行います。病気が改善、治癒することで、月経困難症の症状も軽減されていきます。機能性月経困難症の場合、症状を和らげるために鎮痛剤を...

≫続きを見る

10代が抱える生理痛の症状
思春期の女の子の生理痛は、1人で悩んでしまいがちです。初潮を迎える頃になるとホルモンの分泌が増加し、生理の数日前から下腹部の痛みや頭痛に悩まされたり、倦怠感を覚えたりしはじめます。10代の体はまだ未熟な部分があり、子宮口が狭いため、生理の時の内膜の排出時にそこに力がかかってしまい、痛みなどを引き起こすことがあります。痛みの有無や程度は個人差が大きく、人によってはほぼ無痛の人もいます。症状が重い人は...

≫続きを見る

成熟期の生理痛に注意
成熟期に入った体は妊娠と出産の準備を終えて、ホルモンバランスも安定して保たれています。一方で、成熟期に入ると段々と月経血量が増します。「プロスタグランジン」という物質が過剰に分泌された場合、子宮の収縮が強くなり、強い生理痛を引き起こすようになります。

≫続きを見る

出産と生理痛のイライラについて!
出産の前後は、授乳期まで生理がないため、生理痛もおこることはありませんが、その後は忙しくなってストレスも溜まりがちで、また生理痛に悩まされ、イライラしてしまう人もいます。育児や家事をはじめとして、仕事をしている女性では出産後に復帰することもあるでしょう。育児をしながら働く母親は、今の時代、珍しい存在ではありません。出産後、間を置かずに仕事に復帰した女性が、仕事のストレスや、体への負担や疲労のため、...

≫続きを見る