月経前症候群って何?
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

月経前症候群って何?

「月経前症候群」とは、生理開始日の1週間前、時には2週間前から様々な生理痛の症状が心身に生じ、生理開始とともに治まる現象です。
重い生理痛がある人には、生理痛とともに月経前症候群にも苦しんでいる人が多いようです。

 

月経前症候群の症状は生理痛の症状に近く、下腹部の痛み、膨張感、頭痛や腰痛、乳房の張りと痛み、めまい、動悸、体重増加などの身体的症状が出たり、疲労感、集中力の減少や不眠、気鬱、疎外感を感じたり怒りっぽくなるなどの精神的な症状が出たりします。

 

どれかひとつの症状と言うよりは、いくつかの症状が同時におこる傾向があります。

 

精神的な症状が出ると周りに迷惑をかけることもあり、当人にとってもつらい症状です。
原因ははっきり判明しておらず、ホルモンによって引き起こされるのではないかと言われています。

 

一説には、卵巣から分泌される黄体ホルモンの作用で、体に水分が溜まることでこうした月経前症候群の症状が引き起こされるのではないかと言われています。

 

βエンドルフィンが生理前に減少するため、その影響で精神的に鬱の状態になりやすいという説もありますし、生理前にセロトニンという脳内物質が低下して、ネガティブな気持ちになりやすくなるのが原因だとも言われます。

 

薬物療法で症状を軽減させるか、非薬物療法で生活習慣を改善していく治療法があります。
薬物療法では、精神安定剤や抗うつ剤、ビタミン剤やミネラルのサプリメントなどを服用したり、時にはピルを処方することもあります。

 

非薬物療法では、生活習慣を整え、食生活を改善したり運動したり、気持ちをリラックスさせるためにハーブなどを取り入れたりします。

 

症状に悪影響があると考えられているので、カフェインの摂取はなるべく避けましょう。

月経前症候群って何? 関連エントリー