生理痛の症状をチェック
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

生理痛の症状をチェック

多くの場合、生理痛の症状は、下腹部の鈍痛や、頭痛、下痢などにあらわれます。
人によって色々な症状がありますが、一般にこれらの症状が、生理がはじまる直前から生理2、3日目あたりに出るケースが多いようです。

 

生理中、腹痛とともに頭痛に悩まされる人も多いと思います。
元々、女性は男性より疲労が溜まりやすく、体が疲れを感じやすいという傾向があります。頭痛に悩むのも大半が女性です。
その中でも、女性の頭痛の大部分は、生理によって引き起こされていると考えられています。

 

生理痛の頭痛は女性ホルモンが原因です。「エストロゲン」という女性ホルモンの一種が生理になると減少するため、その変化によって頭痛が引き起こされるのです。
この場合は、エストロゲン製剤を服用することで頭痛を軽減させることができます。

 

生理や出産による腰痛は、女性特有の悩みです。生理中の腰痛に悩む人も少なくありません。
生理中の腰痛は「プロスタグランジン」というホルモンが必要量以上に分泌されることが原因で起こると言われており、特に体の異常ではありませんが、日常生活にさしさわるほど腰痛がひどい人は、一度婦人科に行って医師の診察を受けてみましょう。

 

また、生理中にいつもよりも便がやわらかくなる場合もありますが、これも腰痛と同じ「プロスタグランジン」の過剰分泌が原因になっています。プロスタグランジンは生理中の子宮の収縮をうながすのですが、過剰になると陣痛のような痛みが生じることがあります。
このプロスタグランジンは子宮以外の臓器や血管も収縮させるため、腸がこのホルモンに影響されると便がやわらかくなり、下痢の症状になります。

生理痛の症状をチェック 関連エントリー