生理痛とは?その原因はこれです
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

生理痛とは?その原因はこれです

生理痛 頭痛生理の前後に起こる色々な不快な症状のことを、まとめて「生理痛」と呼びます。
「生理痛」の原因はいくつかに分けられ、精神的な要因、ホルモン、出血困難、病気、などが原因となって引き起こされます。

精神的な原因で引き起こされる生理痛は、ストレスが溜まることによって起こります。
仕事のストレス、不規則な生活のストレス、さらに「生理痛の訪れ」に対して身構え、緊張するストレスが重なって、強いストレスとなってしまうのです。

精神的なものから生理痛を悪化させている人は、生理の予定日が近づいても緊張せず、リラックスして生理前や生理の時期をすごすようにしましょう。
予定日を把握するのは大切なことですが、それが「また痛くなる」などの恐れの原因となってしまっては逆効果です。気を明るく持ってゆったりかまえることで、生理痛を軽減させることができます。

生理の際にはホルモンの量も変化します。
内膜を排出するために子宮収縮ホルモンが分泌されるのですが、このホルモンの量が多いほど子宮の収縮は強くなります。
ホルモンが過剰に分泌されてしまうと、強い収縮が起こり、生理痛の痛みが増すのです。

また、初潮になったばかりの少女や、出産経験のない女性は、生理の際に出血困難から強い痛みが生じることがあります。
子宮頚管がまだ細く、内膜を対外へ排出させる際に大きな痛みを引き起こしてしまうのです。
多くの場合、出産などで改善されます。

激しい生理痛の原因が、病気であることもあります。代表的な病気は「子宮内膜症」と「子宮筋腫」です。
子宮内膜症が原因の場合、年とともに痛みが増していきます。出産によって生理痛が軽減されることもあります。
子宮筋腫の場合は、強い痛みを伴い、出血の量も通常に比べて多量になります。

生理痛とは?その原因はこれです 関連エントリー