生理痛に効果的な漢方薬
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

生理痛に効果的な漢方薬

生理痛 頭痛西洋医学だけでなく、漢方を使った治療もあります。
現代の西洋医学では、生理痛には鎮痛剤で治療を行います。ですが、生理中の不快感は痛みだけでなく、胃腸の膨張感に悩まされたり、吐き気、また精神的な苛立ちなどに悩まされることもあります。
鎮痛剤だけではなかなか軽減できないこれらの症状は、漢方で身体改善することによって軽くできるかもしれません。

痛みなどの症状に対して処療を行う西洋医学に対して、漢方医学では、生理痛を引き起こす原因そのものを緩和・軽減していきます。
漢方の考え方では、体は「血」「気」の両方がめぐることによって正常に機能していますが、何かの原因によってこれらのエネルギーの循環が妨げられると、問題がおこります。
生理の場合、こうした血や気といった体への栄養成分が子宮へ流れ込んでいるうちはいいのですが、もし栄養不足になると、うまく生理の血を体外へ排出できなくなり、生理痛など不快な症状を引き起こしてしまうのです。

こうした問題の原因は、主に血液循環が不十分であることと、栄養不足が考えられています。
血液の循環が悪くなると、血管を通して届く栄養が子宮まで行き渡らなくなり、栄養不足になって生理痛になるのです。

生理前に、するどく刺すような痛みを感じる人は、血液循環が悪い可能性があります。ストレスや体の冷えなどから、血管が収縮してしまい、血液や栄養物質がうまく運ばれなくなって、子宮の栄養不足を引き起こします。
こうしたタイプの人は顔色が悪く、あざになりやすかったりのぼせやすいといった傾向があります。
これらの症状には、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」や「冠脉通塞丸(かんみゃくつうそくがん)」などが効果的です。血液循環を促し、生理痛の軽減にも効き目があります。月経前症候群を軽減する作用もあります。
血液の循環がよくなると、肌の調子もあがってきます。

虚弱体質の人や、何らかの原因で体力が減衰している人、冷え性の人は、栄養不足から生理痛を引き起こしている可能性があります。
生理の後半に生理痛が起こる場合、栄養不足が原因だと考えられますので、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」を服用するといいでしょう。これは体に栄養を補充します。
栄養不足が改善されれば、生理痛だけでなく、冷え性や貧血などの症状も軽減されていきます。

生理痛に効果的な漢方薬 関連エントリー