生理痛に効果のある鎮痛剤
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

生理痛に効果のある鎮痛剤

生理痛 頭痛鎮痛剤は習慣になるとやめられなくなるから飲まない方がいいと思っていたり、飲んでも効き目がないという人もいるかもしれませんが、鎮痛剤を上手に使うと、生理痛の辛さをやわらげて生活を楽にしてくれます。
痛みや不快感が減ることで、体にいいだけでなく、ストレスも軽減されます。鎮痛剤の効果的な服用法について見てみましょう。

鎮痛剤には色々な成分があります。
生理痛には、即効性があり、有効成分が子宮へ到達しやすい「イブプロフェン製剤」が向いています。

鎮痛剤は癖になるという噂がありますが、毎日鎮痛剤を飲まなければならないわけではなく、生理中の辛い時期に服用するものですから、ほんの数日間のことです。これだけで癖になってしまう可能性はほとんどありません。
生理痛の辛さを我慢しつづけることの方が、心身に負担が大きいと言えるでしょう。

鎮痛剤が効かないという人の多くは、痛みが出てきてからや、我慢できなくなってから鎮痛剤を服用しています。
体内で痛みの原因物質が作られることによって痛みが生じるのが生理痛のメカニズムですが、鎮痛剤は痛みそのものを抑えるのではなく、この痛みの原因物質の生成を抑えます。
そのため、痛みがひどくなってからの服用では、充分な効果が得られません。
生理痛に悩んでいる人は、自分がいつごろ痛みを感じはじめるか、大体把握しているでしょう。痛くなりそうな場合は、事前に服用して生理にそなえましょう。

鎮痛剤をうまく服用することで、ストレスも減らせ、生理痛の悩みを軽減することができるのです。

生理痛に効果のある鎮痛剤 関連エントリー