鎮痛剤の正しい選び方
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

鎮痛剤の正しい選び方

鎮痛剤で生理痛の症状をやわらげたいが、どの鎮痛剤を選んだらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

生理痛に鎮痛剤を使用する場合、15歳未満の人は「アセトアミノフェン」が含まれる鎮痛剤を、15歳以上の人は「イブプロフェン」が含まれる鎮痛剤を服用するのがおすすめです。
イブプロフェンは成分が子宮に届きやすく、生理痛の痛みに対して効果的に働きますが、イブプロフェン含有の鎮痛剤は15歳未満の小児は服用できません。

 

気持ちが苛立ったり、肩が凝ったような感じになって頭痛を引き起こしてしまう人は、神経を鎮めてリラックスさせる催眠沈静成分を含む鎮痛剤が効果的でしょう。
生理中にむくんだり、集中できなくてぼんやりしてしまったりといった症状をやわらげたい人は、カフェイン含有の鎮痛剤が向いています。カフェインには利尿作用があり、むくみを緩和し、神経を刺激して意識を覚醒させます。

 

逆に、そうしたカフェインの効果が副作用にならないよう、食品からのカフェインの過剰摂取には気を付けましょう。コーヒーや紅茶の飲みすぎや、カフェインの入った栄養ドリンクを飲みすぎると、覚醒効果が働きすぎたり、カフェインによって胃液の分泌が促されて胃が荒れたりします。
胃が弱い人はカフェイン入りの鎮痛剤は避けましょう。アセトアミノフェンが主成分の鎮痛剤や、胃酸の働きをやわらげる制酸剤が入ったものを選ぶといいでしょう。

 

薬局で迷ってしまう人は、薬剤師さんに相談し、自分の症状を正直に伝えてあった鎮痛剤を出してもらいましょう。
しかし鎮痛剤を飲んでも効かない場合や、痛みがいつもよりもひどく強いとか、痛み方が普段と違う場合は、すぐに医者に診察してもらうのが重要です。

鎮痛剤の正しい選び方 関連エントリー