生理痛を乗り切る食事の秘密
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

生理痛を乗り切る食事の秘密

生理痛 薬毎日の食生活を見直すことで、辛い生理痛の症状を軽減していくこともできます。
DHA、EPA、ビタミンB6、ビタミンEなどを意識的に摂取して、食事を改善していきましょう。

DHAとEPAはサバやイワシをはじめとする青魚に豊富に含まれ、生理痛の緩和に効き目があります。他にも、血液をさらさらにする効果や、鬱症状に対しても効果があるそうです。
生理痛がひどい人は、外食でもなるべく魚料理を選んだり、家で食べる時にも魚を食材として使うようにするのがいいでしょう。

ビタミンB6は、マグロ、カツオ、サンマなどの魚や、レバーなどに含まれています。ホルモンバランスをととのえる効果があり、生理痛の中でも頭痛や腰痛などに効きます。
特別に意識せずとも、バランスのいい健康な食事をとっていれば充分に取り入れられます。

ビタミンEは、かぼちゃやごま、うなぎ、ナッツ、アボカドに豊富に含まれており、特にごまはカルシウム、ミネラル、ビタミンB6も含有しています。
こうした食材を毎日の食事の中で多く取っていくようにしましょう。

また、タマネギやニンニクなど香味の強い野菜に含まれるアリシン、生姜の辛味の元となっているジンゲロールには、体を温め、血液循環を促す効果があります。
体調を整えるためにも毎日の摂取がおすすめです。

上記の成分の他、生理の間はどうしても貧血になりやすいため、鉄分の吸収をうながすビタミンCや貧血症状を緩和するビタミンB12を取るのもいいでしょう。
カルシウムやミネラルなどもバランスよく摂取することで、体の機能を助け、血液やホルモンなどの生成を正常に保つこともできます。

生理痛を乗り切る食事の秘密 関連エントリー