生理痛に効果的なヨガのポーズ
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

生理痛を緩和するヨガのポーズ

生理痛をやわらげるためのヨガのポーズもあります。生理痛そのものに効くのではなく、生理のない日に毎日行い、体の血の巡りを改善させて冷えない体を作り、体質から改善していくものです。

 

生理痛に効果のあるヨガのポーズを見ていきましょう。

 

 

【両脚ねじりのポーズ】

まず、マットに仰向けに寝ます。脚はそろえ、両手は少し開いて床に置きます

 

息をゆっくり吸いながら、両脚を天井に向かって持ち上げていきます。膝はなるべくのばして、手で体を支えないようにしましょう。あくまで腹筋の力で脚を持ち上げるようにします。

 

今度は息を吐きながら、上がっている両脚を左へ倒します。腹筋がねじれるのを感じましょう。床から30センチの位置で静止させ、その状態で呼吸をゆっくり、3回行います。

 

息を吸いながら、脚を天井の方へ戻します。逆側(右)に脚を倒して呼吸する動作を、同様に行って下さい。30センチまで近づけるのがきつい人は、もう少し離したところでとめてもいいですが、脚は床につけないようにしましょう。

 

左右で1セット、毎日1回ずつこの動作を行います。

 

【ねじりのポーズ】

仰向けで行います。まず仰向けで床に横たわり、両腕を少し開いて床に置き、膝を胸の方へ曲げます。

 

左脚を天井へのばして、息を深く吸い込み、ゆっくり吐き出しながら右脚を左脚の方へ倒し、下半身をねじります。首を右側へゆっくり倒して、右を見ます。静止した状態で呼吸をゆっくり、5回行いましょう。

 

息を吸いながら、両脚をゆっくりと元の位置へ戻していきます。左右を入れ替え、今度は右側へ体をねじります。

 

左右で1セット、毎日寝る前に行うと、生理痛をやわらげることができます。

生理痛に効果的なヨガのポーズ 関連エントリー