生理痛に効くアロマテラピー!
生理痛 緩和生理痛に悩む女性は少なくありません。現代社会のストレスや疲労、冷房の冷えなどからくるものや、体質的なものまで、様々な原因で生理痛が引き起こされています。病気が原因のものもあります。
食生活の改善、漢方薬やヨガ、アロマテラピー、民間療法など、生理痛の対処法は様々です。自分にあった方法を見つけて、生理痛を改善しましょう。

スポンサードリンク

 

香りを嗅いで女性ホルモンのバランスを整える

生理痛には、規則正しい生活リズムを保つことも大事です。不規則な生活では体のリズムが乱れてしまい、健康にも悪影響があります。また、女性ホルモンの分泌が不安定になってしまい、生理痛を悪化させることもあります。

 

ホルモンを正しいタイミングで適量分泌することによって、体は生理などのリズムの変化に対応しているのです。

 

香りを用いて気持ちをリラックスさせたり、集中力を高めたりするアロマテラピーは、生理痛の緩和にも効き目があると考えられています。香りを嗅ぐと、その情報は脳の視床下部や脳下垂体に伝わるのですが、ここは女性ホルモンの分泌をコントロールする場所でもあるからです。

 

また、アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルの中には、女性ホルモンのバランスを正常に近づけたり、痛みをやわらげる効果を持つオイルもあります。

アロマテラピーの取り入れ方

生理痛には、ローズ、ラベンダー、イランイラン、スイートマージョラムなどが効果のあるオイルだと言われます。

 

こうした効果のあるエッセンシャルオイルの中から、好きな香りのものを選んで、ハンカチなどにオイルを一滴垂らし、出かける時に一緒に持っていきましょう。生理痛の不快感や痛みを感じた時に、ハンカチを鼻に近づけてゆっくりと香りを吸いこみます。

 

オイル自身の効能とともに、好きな香りを嗅ぐことで気持ちがリラックスし、痛みがやわらいでくると思います。リラックス効果のためにも、いくら生理痛に効くと言っても嫌いな香りを使うのは避けましょう。

 

入浴する時に、エッセンシャルオイルをお湯の中に数滴落として入ると、香りで気持ちがやわらぎ、リラックスします。こうして入浴することで、エッセンシャルオイルの有効成分を肌から吸収できます。

 

アロマテラピーを取り入れる際は、肌などに異常が見られたら使用をただちに中止するようにしましょう。また、通常の生理痛ではなく、不正出血やつらい月経困難症の人は最初に医師に相談しましょう。

生理痛に効くアロマテラピー! 関連エントリー